丸石醸造の歴史
室町時代
 大和郡山の地より三河岡崎、若宮に深田一族移住。

元禄3年(1690年)
 東海道岡崎宿、東の入口(現在の若宮町)にて酒蔵創業。清酒「三河武士」の商いを始める。「東蔵」

明治29年(1896年)
 元松家と事業合併し、丸石合資会社を設立。(岡崎市法務局法人登記第一号)

明治33年(1900年)
 兵庫県西宮市に灘工場「誉蔵」を建設し、清酒「長誉」の販売を開始する。

明治35年(1902年)
 両町にて味醂、焼酎の製造を開始。「西蔵」

大正6年(1917年)
 中町6丁目に味噌、醤油工場を建設し、製造を開始する。現在の丸石の前身。

昭和20年(1945年) 
 戦災により岡崎市「東蔵(若宮町)」、「西蔵(両町)」、「誉蔵(西宮市)」の全酒蔵焼失。中町6丁目の味噌、
醤油工場は幸い焼失を免れる。

昭和22年(1947年) 
 丸石醸造株式会社を設立。現在の中町にて営業を開始し、今日に至る。